より使命感が伝わるセルフイメージとなるために

2018/3/26
[№10]

皆さん、こんにちは。

ありたい!の実現を お金の裏付け経営で目指す
マネジメントパートナーの杉浦文彦です。

実は今、私自身セルフイメージの再構築を進めています。

セルフイメージとは、経営コンサルタントの和仁達也先生から教えていただいた言葉をお借りすると、「ビジョン実現を後押しするあなたならではの肩書き」です。

「税理士」というのも肩書です。
この「税理士」が持つブランドイメージが確かにすごいと感じるときは多くあります。
名刺交換したときに、すぐに人となりを信用してもらえる、
私たちが助言する税務アドバイスで経営における重要かつ重大な意思決定の判断を社長がくだす
などなど。

それこそ、このブランド力は先人の方たちが長きにわたって培ってこられたもので、私たちはそのブランドイメージをさらに高め、次世代につないでいくことも使命のひとつなんだろうな、とこのブログを書きながら改めて感じたところです。

ただ、税理士も全国で7万人超もいます。
その差別化を図るために!と書いたのが
セルフイメージを再構築する必要性を綴ったが約1年前のこちらのブログです。
(セルフイメージの再構築)
http://zhayabusa.blog.fc2.com/blog-date-201701-7.htmlセルフイメージの再構築

ではなぜ今セルフイメージの再構築なのでしょうか?

それは、セルフイメージが今の自分のビジョン実現を後押しするものとなっているかどうか、という点でふさわしくない、と感じたからです。
そしてこれを前向きにとらえると、自分がやりたいことや提供できる価値が1年前の自分と比較して成長発展している、ということだと思います。

よりどんな使命を持って関わる人なんだ、ということが伝わるようなセルフイメージを構築していきたいと思います。

さて、ちょうどこの3月末でもって1年間のキャッシュフローコーチングを期間満了で終了となったお客様から感謝のお言葉を頂戴しました。決してお安くないご契約でしたが、感謝のお言葉をいただけたことが何よりの喜びと励みになりました。

また、4月から新たな財産承継コンサルティングのプロジェクトが進もうとしています。

よりお客様が抱えているお困りごとの解消のお手伝いができるようにこれからも真摯に取り組み、精進していく所存です。

今回は以上です。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

恩師の言葉/大学で学んだこと

1990年台の半ばに差し掛かるころの話です。
実は私は、大学では金融系のゼミで、銀行などの規制緩和を勉強していたんです。。。

ただし、なんなんでしょうか・・・就職活動では銀行の人事担当者の受けがすこぶる悪かったですね。
金融の仕事は向いてないと思い、尊敬する先輩のいる建設会社に就職することになりました。

今でこそシビアな競争入札のたたき合いの世界になっていますが、当時はさまざまな規制に守られていた業界です。
好きな勉強と、実際就く仕事は全く別物やな。。。少し自嘲気味になっていた時、ゼミの先生は、こんな話をしてくれました。
「(私のゼミで学んでみて)アメリカの10年から20年位前を今の日本は走っていることに気づいたでしょ。規制緩和というテーマだったら、そのうち勉強したことは君が進む業界でも役に立つんじゃないかな。」
おーさすがアメリカ帰りの先生はいうことが違うなぁ、と気を取り直して、自分の選んだ道を信じて社会に出ることができました。

それから20数年がたち、やっとある機会にその恩師を会食にお誘いすることができました。。
何度か大きな決断を重ね、無事に私が税理士として独り立ちできているのも、先生のおかげという感謝の気持ちが伝えられたことがうれしかったです。
決断したことを肯定的にとらえ、背中を押していただけたこと、今でも自分で実践しようとしています。
何でもない些細な言葉ではありますが、今の自分の大きな財産になっています。

実は、後日談があります。
翌日、お礼の言葉とともに「君の好きなものを送ります。体には悪いかも。。」というSMS
そしてある夜 秘蔵の地酒が1升ビンで5本家に届いていました。
ただ、お酒は確かに好きですが・・・さすがのわたしも5升は一人では飲めません。
私の身近にいるお酒好きな方をお誘いして「地酒を飲む会」を随時開催し、先生のご厚意を楽しみながら活用させていただこうと思います。
ありがとうございました。

社員税理士 福岡 裕次

ものづくり補助金の公募が始まりました!

 皆さん、こんにちは!

平成29年度の補正予算が通り、「ものづくり補助金」の公募が開始されました。

今回の〆切は4月27日までで、募集期間がこれまでより少し長いです。

弊社のお客様も関心が高く、申請書の作成支援に携わることになりそうです。

ちなみに、ものづくり補助金の取得を有利にすすめる方法として、経営力向上計画の認定を採っておくこと方法があります。

この計画書の作成支援も弊社では行っております。

ご興味のある方は、ぜひ弊社HPからお問い合わせ下さい!


【担当:橘 篤】


オリンピックに思うこと

平昌オリンピックでは、連日、日本選手の活躍が報じられていますが、明日25日で閉幕となります。

個人的には、、
スケート女子500mでの金メダル獲得で活躍された小平選手が私の中の一押しです。
レース前、レース中、レース後すべてかっこよかったと思います。
アスリート個人の努力・能力・気迫にも圧倒されましたが、世界の頂点を極めてもなお謙虚な小平選手の姿勢に、私自身感服しました。

レース後、スタジアムの歓声で沸き返っていた時、人差し指を口に当てて「静かに」というジェスチャーをされていました。
見た瞬間は「??」でしたが、後でわかったのは、後続のレースに控えているライバル選手の集中力をそがないようにと、気遣ってのこととでした。共に実力を出しきった戦いがしたいという思いがあったようです。
インタビューでも、支えてくれた方への配慮の言葉など、彼女自身の言葉にも、とても気づかいや配慮がにじみ出ていていました。周りの人たちが、彼女を心から支えたいと思わせる魅力はそういう姿勢にあるのかもしれません。

今回のオリンピック観戦を通じ、スポーツ以外の大事なことを学ぶよい機会となりました。
少なくとも気持ちの在り方では、小平選手に少しでも近づけるよう意識してゆきたいと思います。

社員税理士 福岡 裕次

税理士という職業

節分も過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。

今回ブログを担当しますのは2月1日に入社しました立里(タチサト)です。
自己紹介も兼ねて私の考える税理士について少しお話をさせて下さい。

私は企業を人の身体に例えると、顧問税理士は心臓にあたると考えます。
会社の血液とも言えるお金の流れを把握・管理するその様子が、
まるで常に全身に滞りなく血液を送り出す心臓のように感じます。

私自身まだまだお客様と接していて力不足を感じる場面も多いですが、1日も早く諸先輩方に追いつけるよう、またお客様にとっても頼もしい税理士になれるよう日々精進して参りたいと思います。

最後になりますが、今後とも税理士法人はやぶさをよろしくお願い致します。

【担当:立里】
CALENDAR
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

税理士法人 はやぶさ

Author:税理士法人 はやぶさ
税理士法人 はやぶさ 兵庫県 神戸市 中央区の会計事務所
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地の1
東町・江戸町ビル2階
Tel.(078)325-2660
Email:
info[at]z-hayabusa.or.jp
(※[at]部分を@に変えてメールをお送りください。)

RECENT ARTICLE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR