お金の流れを”見える化”する

[№3]

皆さん、こんにちは。

ありたい!の実現を お金の裏付け経営で目指す
マネジメントパートナー
の杉浦文彦です

今週は今月、法人の税務申告を提出しなければならないお客様と、
当期の利益計画について話合いました。

このお客様、経営数字についてまだまだ苦手とされておられますが、
毎年がんばって、
毎月の売上高はこれくらいのとき、
毎月の人件費はいくらで、
その他の固定費はいくらだから、
利益はどの水準になる、
というのを自ら考えてご相談にこられます。

当期も同様に考えてこられましたが、
私がお聞きした内容で計算した利益と、
社長が考えたときの利益が大きく違っていました

そこで、私は、あるツールを使って、社長と一緒に考えていきました。

それはお金のブロックパズルといって、
私の師匠である和仁達也先生が西順一朗氏のSTRAC表を加筆引用してお考えになった
利益とお金の流れを理解するのにめちゃくちゃ力を発揮するツールです。

一般的にはこういった図です。
(実際はその会社にあった形にアレンジして使用しています。)
ブロックパズル

この図を使って私が、
得たい利益はいくらですか?
その他の固定費の予算はいくらにしますか?
人件費はどれくらいにしますか?
といった質問を社長にして、社長自らが目標とする売上高を確認していきました。

この過程を経て、社長はご自身が立てられた経費の予算の勘違いに気づかれました
そしてその気づきを得た社長はその後根拠のある納得の利益計画、売上目標を策定されました。

もちろん、社長は大変お喜びになられて、私もお役に立てて嬉しく思いました。

お金の流れが不鮮明ゆえのストレスを感じておられる経営者の方や、

前年比○%増などの売上目標から脱して、納得の売上目標を策定したい方は、

まずは、このお金のブロックパズルを使って経営数字を思考すると
その悩みが解消するかもしれませんね。

今回は以上です。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。
CALENDAR
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

税理士法人 はやぶさ

Author:税理士法人 はやぶさ
税理士法人 はやぶさ 兵庫県 神戸市 中央区の会計事務所
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地の1
東町・江戸町ビル2階
Tel.(078)325-2660
Email:
info[at]z-hayabusa.or.jp
(※[at]部分を@に変えてメールをお送りください。)

RECENT ARTICLE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR