相続の分割対策はできていますか?

相続対策には順番がある、という記事で、
まずは現状分析を行うことがスタートであると書きました。

しっかりと現状分析を行ったうえで、
次に行うことが遺産分割対策です。

遺産分割対策を怠ると、
いざ相続が発生した際に、相続人間で遺産分けについて揉めてしまい、
相続税の申告期限までに財産が分割されない事態となることがあります。

この場合、
配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例などは利用できず、
後で分割されたときは更正の請求で還付を受けることができますが、
いったんは特例なしの状態で相続税を計算することになるので、
高い税金を支払うことになります。


この納税資金を準備するために、
遺産の中の不動産を売却しよう、と思っても、
相続人の中で反対する者がいれば売却することもできません。

そうこうしているうちに
相続税の納税期限が到来しても、
税金を納めることができなければ、
本税のほかに加算税や延滞税などの罰則金が加算されてしまいます。


そういった事態を避けるために、遺産分割対策が重要なのです。

遺産分割対策をしっかりとやっておけば、
少なくとも上記のような事態を避けることは可能です。

遺産分割対策とは具体的にはどんな対策かというと、
遺産を残す人が、誰にどの財産を相続してほしいかをあらかじめ決めておくのです。
なぜそう決めたのか背景や理由もノートなどに書き残しておくと良いですね。


そして気持ちが固まったら、遺言書を作成しましょう。

ただし、遺言には書式が厳格に定められていますので、
後々のトラブルを回避するため、
弁護士などの専門家にお願いするのも良いでしょう。

弊社では頼りになる弁護士とのネットワークもございますので、
お気軽にご相談ください。

税理士法人はやぶさ 税理士 杉浦 文彦
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR