人の成長・得意を伸ばす

組織のパフォーマンスは
人×仕組み×関係性で決まる

というのがチームビルディングの発想です。

チームビルディングは「チームを作る」という目的があります。

一人一人のスキルや能力・経験を最大限に発揮し、
組織の目標達成を目指すためのチーム作りです。

人の成長・得意を伸ばすので、現状維持はありません。

もちろん人に負荷はかかりますが、
できないことができるようになるため、
組織を伸ばすことができます。


チームワークとの違いは何か、というと
「人の成長・得意を伸ばす」という取り組みがあるか無いか、
ではないでしょうか。

チームワークは仕事を成し遂げるために、
自己に割り当てられた部分を忠実に遂行することで、
完成を目指す考え方のため、
「仕組み×関係性」だけで成り立ちます。

チームビルディングと違い、「人」が入らないため、
定められた仕事を遂行してくれれば誰でも良い、ということになります。
確かに効率的ではありますが、
個人の成長をそこまで重視していないため、
組織の成長も限界が見えてきます。

人が育つには時間がかかりますが、
育った人は会社に大きく貢献してくれるはずです。

個人の強みや長所を最大限に活かす組織づくりに取り組んでみませんか?

興味関心がある方に向けて、
このブログでも紹介していきたいと思います。


税理士法人はやぶさ 税理士 杉浦 文彦
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR