バトンの受け方、渡し方(前半)

これまでは、バトンを渡す側からのご相談やサポートを多く受けてきましたが、バトンを受ける側(後継者候補)の方々から「相続や事業承継」についてレクチャーの依頼を頂きました。光栄にも6月と7月の二回、製造業の若手経営幹部の定例会にお招きいただき、お話をさせていただきました。
以下、私自身の頭の再整理を兼ねつつ、お聞きになられた方々の事業承継の一助となれば幸いです。

事業承継が理屈通りに進まないという実態を第1回目でお話ししました。現場で仕事を終えた後にもかかわらず、みな真剣に私の話を聞いておられたのが印象的でした。この時の質疑応答はかなりシリアスなものもあり、私自身も大変多くの気づきを頂きました。
第2回目は相続税や贈与税の仕組みから事業承継税制までを一気にお話をさせていただきました。現経営者と後継者が計画性をもって、意思疎通を図りながら取り組むことで、税制や時間を味方に付けることができます。初めてお聞きなる方には、税の話は少し難しかったかもしれませんが、事業承継で用いられる典型的なタックスプランニングのお話をさせていただきました。中長期に取り組むことで、税金の問題はある程度解決できる点が、感覚的にご理解頂ければ充分かと思います。

確かに、節税の観点から税理士など専門家との連携を通じて中長期的に対策を講じることは大切ですが、税以外、経営や争族回避の観点からも、私は中長期の対策が必要であろうと考えています。計画とその進捗管理を通じて、さまざまな想定外(悪い意味での)は、極力避けられるのではないかと思います。

なぜ、計画や進捗管理が必要なのでしょうか?
現経営者と後継者双方は、将来バトンを渡す、受ける関係だけでなく、現時点では上司部下(師匠と弟子?)の関係にあり、バトンの受け渡しに関係なく親子関係が続きます。継続的なコミュニケーションがとても重要になることは理解できると思います。ご自身の頭の中は、誰にも見えません、本人にも・・・だから予め双方が、ある程度、文章や図表で見えるようにし、共有しておくことが大切です。時の経過とともに、一方の気まぐれ、わがまま、感情によって、行動にブレが出るかもしれません。それぞれが真剣であるが故、諍い(いさかかい)が生じてしまうかもしれません。
双方が計画を見せ合いながら定期的に話し合うことで、最悪の事態は避けられるでしょう。事業承継においても、効果的なコミュニケーションの手段として計画を活用されてはいかがでしょうか。

節税はあくまでも事業承継のための手段にすぎません。
事業承継を意識される経営者様、後継者様へは、計画を通じて双方の目標や役割を明確にし、各々がやるべきことを着実に取り組んでいく仕組みづくりをお勧めいたします。

次回、特例事業承継計画について触れたいと思います。

社員税理士 福岡 裕次
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR