人と人は違うという価値観を常識にする

仕事を進めるうえで必要なのがチームです。
チームである以上、複数人がその仕事に関わることになります。

チーム内で人間同士うまく連携をとって仕事が出来れば良いですが、
人間関係が悪くなってくると連携がうまくいかなくなってしまいます。

チーム内に自分とは合わない人がいれば、
その人と関わるだけで強いストレスを感じることもあるでしょうし、
感情的なぶつかり合いが生じると、
仕事の成果にも影響が出てしまいます。

では人間関係はなぜ悪くなるのでしょうか?

様々な理由があると思いますが、
自分の価値観では受入れ難い人と一緒に仕事をするとき、
このような問題が発生してくるのではないでしょうか。

では、どのように対処すれば良いかというと、
「人と人は違う」ということを理解することです。

人は得意なものもあれば苦手なものもあります。

論理・理性的に考えることが得意だけど、自らコミュニケーションをとるのが苦手とか、
勤勉で予定を立てその通りに行動するのは得意だけど、創造的な仕事は苦手とか。


その逆もありますよね。
思考のスタイルの違いともいえます。

これらの違いは、
良い、悪いではなく、
正しい、間違っているということではなく、

思考のスタイルが違うということを理解するだけで、
人と関わるときの心のありようは変わってくるのではないでしょうか。

チームの連携を高めるには、
「人と人は違う」という価値観をチームで共有することがスタートです。

税理士法人はやぶさ 税理士 杉浦 文彦
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR