より使命感が伝わるセルフイメージとなるために

2018/3/26
[№10]

皆さん、こんにちは。

ありたい!の実現を お金の裏付け経営で目指す
マネジメントパートナーの杉浦文彦です。

実は今、私自身セルフイメージの再構築を進めています。

セルフイメージとは、経営コンサルタントの和仁達也先生から教えていただいた言葉をお借りすると、「ビジョン実現を後押しするあなたならではの肩書き」です。

「税理士」というのも肩書です。
この「税理士」が持つブランドイメージが確かにすごいと感じるときは多くあります。
名刺交換したときに、すぐに人となりを信用してもらえる、
私たちが助言する税務アドバイスで経営における重要かつ重大な意思決定の判断を社長がくだす
などなど。

それこそ、このブランド力は先人の方たちが長きにわたって培ってこられたもので、私たちはそのブランドイメージをさらに高め、次世代につないでいくことも使命のひとつなんだろうな、とこのブログを書きながら改めて感じたところです。

ただ、税理士も全国で7万人超もいます。
その差別化を図るために!と書いたのが
セルフイメージを再構築する必要性を綴ったが約1年前のこちらのブログです。
(セルフイメージの再構築)
http://zhayabusa.blog.fc2.com/blog-date-201701-7.htmlセルフイメージの再構築

ではなぜ今セルフイメージの再構築なのでしょうか?

それは、セルフイメージが今の自分のビジョン実現を後押しするものとなっているかどうか、という点でふさわしくない、と感じたからです。
そしてこれを前向きにとらえると、自分がやりたいことや提供できる価値が1年前の自分と比較して成長発展している、ということだと思います。

よりどんな使命を持って関わる人なんだ、ということが伝わるようなセルフイメージを構築していきたいと思います。

さて、ちょうどこの3月末でもって1年間のキャッシュフローコーチングを期間満了で終了となったお客様から感謝のお言葉を頂戴しました。決してお安くないご契約でしたが、感謝のお言葉をいただけたことが何よりの喜びと励みになりました。

また、4月から新たな財産承継コンサルティングのプロジェクトが進もうとしています。

よりお客様が抱えているお困りごとの解消のお手伝いができるようにこれからも真摯に取り組み、精進していく所存です。

今回は以上です。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR