成功企業の人手不足対策

 4月21日に2017年版の中小企業白書が公表されました。

 ここ数年、白書では中小企業の人材不足を経営課題としてクローズアップしてきました。

 今回の特徴は、その課題を克服した企業の取組みを具体的にあげている点にあるという印象を受けました。

 例えば、

  ①人材の定着や育成のために有効だと考える取組みは何か?
 
  ②人材不足だが経常利益を増加させた企業は、何に取組んだか?

  などのアンケート調査をまとめています。


 この結果を通じて、成功企業と不成功企業で日常の取組みにどういう違いがあるかを浮き彫りにしています。

 参考までに上記アンケート結果を以下に掲載します。
(他にもアンケート結果が多数載っていますので、ご参考ください)

Q.人材の定着や育成のために有効だと考える取組みは何か?

人材定着への取り組み


 アンケート結果の特徴は「(社員の)能力や適性に応じた昇給・昇進」を重視するのは成功企業よりも不成功企業の方が高いことと、「職場環境・人間関係へ配慮」するという答えが成功企業で高いことです。

 つまり、人材確保・定着に成功している企業は職場の環境や人間関係という非金銭的なものを重視する傾向があるといえそうです。


Q.人材不足だが経常利益を増加させた企業は、何に取組んだか?

人材不足企業の取り組み


 このアンケート結果で特徴的なのが、「人手不足だが増益となっている企業」が「人手不足で減益となっている企業」に比べて業務の機械化・IT化を積極的に取り組んでいる点です。特に「バックオフィスのIT導入」は増益企業の半分以上が取り組んでいます。

 昨今、新聞やテレビで人工知能やIoTがクローズアップされていますが、日常業務に技術革新を上手く活用している企業は増益を達成しているといえます。

 企業が10年先、20年先、生き残っていくためには人材を確保し、定着させ、生産効率を高めるための技術革新を取込んでいくことは重要な経営テーマです。

 今、税制も経営力強化の取り組みを強力にバックアップしようとしています。しかし、一般にはあまりその情報が浸透していません。

 私たちは、税制優遇金融支援補助金情報などお役に立つ情報の提供を重要な仕事と考えています。

 経営判断に資する「資金」の有用情報を随時、提供しておりますので、弊社をご活用下さい!



CALENDAR
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE

税理士法人 はやぶさ

Author:税理士法人 はやぶさ
税理士法人 はやぶさ 兵庫県 神戸市 中央区の会計事務所
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地の1
東町・江戸町ビル2階
Tel.(078)325-2660
Email:
info[at]z-hayabusa.or.jp
(※[at]部分を@に変えてメールをお送りください。)

RECENT ARTICLE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR