神戸市「先端設備等導入計画」受付開始

福岡です。

芦屋市、尼崎市等につづき、神戸市も国からの基本計画の同意を受けたとのことです!
神戸市役所HPにて、 「先端設備等導入計画」の認定申請受付が、開始されたことが明らかにされています(当職確認時、最終更新日2018/6/27)。
神戸市も、他の自治体と同様、最大3年の全額免除、地域制限なし、事業・業種制限もなし となっています。

詳細は、下記リンク、神戸市役所のHPをご参照ください。

「先端設備等導入計画」の認定申請受付について


平成30年税制改正で創設された設備投資減税(償却資産税のみ)です。
ざっくり言いますと、新たに機械などの固定資産を取得する場合、標記計画を策定し自治体の認定を受けることで、その自治体における設備投資について、3年間、償却資産税が減免(最大全額)になる制度です。

その他ポイント↓↓

この制度は、国の同意を得た自治体から設備取得の前に認定を受けなければなりません。
中古設備や、家屋と一緒に評価対象となる設備は対象外になります。
従前の「経営力向上計画」と似ていますが、別の制度です。

HP等で手続きを公開していない自治体さんであっても、議会承認や国の同意を得るための準備を進めている場合もあります。
同計画の受付がアナウンスされていない自治体であっても個別にその自治体に、標記制度の取り組み状況を確認をされるのがよいでしょう。
設備投資を決める前に、顧問税理士の先生に相談しておくとよいでしょう。

弊社でも、設備投資を予定されている顧問先様から優先的に順次「認定サポート」のご提案を進めてゆきたいと思います。
償却資産税だけでなく、補助金でも差がでてしまうことがあるので。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

社員税理士 福岡 裕次

最新の中小企業白書が発表されました

 4月20日に今年度の中小企業白書が発表されました。

 中小企業論を専攻していたこともあって、大学時代から中小企業白書は継続してウォッチしています。

 20年分以上の白書と比べても、今年の内容はかなり気合が入っていると思います。
 
 行間に「中小企業の経営に役立つ情報を提供する!」という熱意が滲み出る内容となっています。

 明らかに前年と同じで良い、とはしていません。
(こういう意欲のある取組みをやっていることも、もっと社会的に評価してあげるべきだと思います。)

 内容は、経営戦略・人材戦略・IT戦略 です。

 アンケート結果も満載で、特に実際の中小企業の取り組み事例が実名で掲載されています。

 経営者であれば、必ず1つは参考になる点がある内容だと思います。

 ビジネスは競争です。

 常に競合相手の動向を注視し、自社の方向性や打つ手が適切かを確認していかなければなりません。

  「彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず。 」

 ぜひ、自社の立ち位置と他社の立ち位置を比較する材料にして欲しいと思います。

  ◆平成29年度中小企業白書はコチラ


【担当:橘 篤】

経営力向上計画の認定状況

関与先の皆様へは、『経営力向上計画』の認定を受けるよう、予てからお勧めしております。
30年3月末までの弊社の経営力向上計画の認定支援の状況を皆様に共有したいと思います。

従前(生産性向上計画)制度での認定も含め、現状、弊社では10件の計画に着手、8件認定済みです。
関与先様のみで、着実に実績を伸ばしております。
弊社の認定支援実績の主な特徴は下記の通りです。

・認定を受けた関与先は、総じて業績が良好です。
 当初計画の認定後、変更認定を複数回受けるケースもありました。
 経営者の資質なのかもしれません。
 そういう会社は意思決定が速いです。
 効果を実感したら、次の投資を検討しています。
 業績と実需を踏まえ、次の投資を果敢に実行しています。
 業績が伸びるのもわかる気がします。

・医療関係でも認定件数を伸ばしています。
 医療機関の場合、節税効果はモノによります。
 確かに効果はケースバイケースですが・・・
 院長先生にはメリットを事前に実感できる提案をしています。
 実際、入口は節税から入っても、策定の過程で変わります。
 提出前は、院長先生は我々以上に真剣になっていることもあります。
 完成した計画書は、院長先生の医療に対するお考えが色濃く反映されています。
 こういうことが実感できると、私たちのモチベーションも向上してゆきます。

顧問先様へは、本件も含め大事な決断の前に安心してご相談いただける体制づくりを進めております。
引き続き、当職を含め事務所全体のレベルアップを図ってまいりたいと思います。

社員税理士 福岡裕次

税制優遇を前提に当該制度を活用を予定する皆様におかれましては、設備投資の概要や今後の業績見込を事前に整理したうえで、認定支援機関様にご相談いただけますようお願いいたします。

4月から医療機関の提出先が、本局から地方の厚生局に変更になっている旨、先ほど職員と確認いたしました。兵庫県の医療機関様の場合は、「近畿厚生局 健康福祉部健康福祉課」に提出が必要です。
その他詳細は、下記リンクが参考になれば幸いです。
H30年4月以後提出先(医療機関)

ものづくり補助金の公募が始まりました!

 皆さん、こんにちは!

平成29年度の補正予算が通り、「ものづくり補助金」の公募が開始されました。

今回の〆切は4月27日までで、募集期間がこれまでより少し長いです。

弊社のお客様も関心が高く、申請書の作成支援に携わることになりそうです。

ちなみに、ものづくり補助金の取得を有利にすすめる方法として、経営力向上計画の認定を採っておくこと方法があります。

この計画書の作成支援も弊社では行っております。

ご興味のある方は、ぜひ弊社HPからお問い合わせ下さい!


【担当:橘 篤】


経営力向上計画の認定を受けました!


皆さんこんにちは!
だいぶ朝晩が過ごしやすくなってきましたね。

暑さでオーバーヒート気味だった頭脳もこれでクールダウン。
しっかり考えをめぐらし、経営の作戦を立てていくのに良い季節となってきました。

これまでもご紹介してきましたが、経営力向上を目指し積極的な投資を行っていこうとする中小企業をバックアップする政策が経営力向上計画です。

この計画認定を受けると、税額控除や特別償却といった税制の優遇を受けることができます!

先月も弊社が計画作成の支援をさせて頂き、当社のお客様が国土交通省から計画認定を受領致しました!

税額控除や特別償却を受けられるこの制度。

ぜひ上手に活用頂き、経営力の向上、財務内容の向上につなげて頂ければと思います。弊社も計画認定を受ける「勘所」が蓄積されてきています。

作成支援をご希望の方もお気軽にお問合せ下さい!
CALENDAR
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

税理士法人 はやぶさ

Author:税理士法人 はやぶさ
税理士法人 はやぶさ 兵庫県 神戸市 中央区の会計事務所
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地の1
東町・江戸町ビル2階
Tel.(078)325-2660
Email:
info[at]z-hayabusa.or.jp
(※[at]部分を@に変えてメールをお送りください。)

RECENT ARTICLE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR