夏季休暇のお知らせ

弊所の夏季休暇についてお知らせ申し上げます。

2019年8月10日(土)~2019年8月15日(木)

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

暑さが身に堪えるなか、台風も接近と、不安が募ります。
どうぞお疲れたまりませんよう、ご自愛ください。

小惑星探査機はやぶさ

小惑星探査機はやぶさ2がリュウグウへのタッチダウンが成功したとのニュースから暫く経ちますが、今回はその前身になる初代の小惑星探査機はやぶさ(以下「はやぶさ」)がイトカワから帰還した際の1つのエピソードについて書きたいと思います。

はやぶさは小惑星イトカワのサンプルを採取して帰還する事を目的に飛ばされます。
道中多くのトラブルに見舞われ、なんと推力を生むエンジンが全損してしまう事態に陥ります。
地球から約3.2億km離れた小惑星で推力エンジンが全損した「はやぶさ」はどのようにして帰還できたのか。

キーになったのはたった1つのダイオードでした。現場のエンジニアの独断で取り付けられたものだとも言われています。
はやぶさはこのダイオードのおかげで故障したエンジンの生きている部分同士をつなぎ合わせて新たに1基のエンジンを作り出すことに成功します。
本来の設計では全く不要な筈のダイオードを仕込んでおいた結果、エンジン全損という危機的状況から復活し、帰還を果たし、人類初の偉業を成し遂げる訳です。
この時のエピソードについて、エンジンの開発者である國中均氏は次のように答えています。


質問者「おそらくそれは本来必要のないもので、コストも掛かるものです。他の可能性もおそらく捨てたと思いますが、それをあえて入れたという根拠というか勘というか、そういったものはどこから来たのでしょうか?」

國中氏「おっしゃる通り、(略)コストと時間と費用をかければ簡単にできます。ただ、衛星として質量というのも大きなパラメーターでして、ただそんなことをしては成立をしないのは明らかです。はやぶさは500キロしかないものですから、(略)とてもそういったことを提案できる環境にはありません。そこがやはり頭の使いどころです。十分な質量と費用と時間を掛ければ何でもできます。」

國中氏「そうではなくて、たった1グラムでそれを実現できるような回路構成を考えるのが、キーだと思います。実際にはやぶさの場合、ダイオードを1つ加えただけですから、何グラムの質量増です。それであれば、自助努力で回復させることはできます。ですから当然ながら、我々の立ち向かわなければいけない技術的な境界条件を満足した上で、想定される事象に対応できるようなシステムを提供するということです。皆さんエンジニアですから、その分野についてはプロフェッショナルなわけで、そういった境界条件を満足するようなソリューションを提供できるタレントを持っているからこそ、みなさんはプロフェッショナルなのだと思います。」



最後の1文は、エンジニアと税務で分野は全く別ですが、その道のプロとして働く者として心に響いたので紹介をさせて頂きました。
ちなみにこのエンジン同士を繋ぐ回路は「はやぶさ2」では正式に採用されています。

最後に、下の画像は「はやぶさ最後の一枚」として有名な画像です。この画像についても様々なエピソードがありますので、ご興味のある方はぜひ調べてみてください。
はやぶさ最後の1枚

【担当:立里】

税金を銀行窓口に行かずに納付する方法


今回は税金を銀行窓口に行かずに納付する方法をお伝えします。

方法は2つありますが、どちらもパソコンの画面上で行うことができます。

銀行窓口で待たされる時間をなくしたい、という方にはおススメな方法となっていますので、参考になれば幸いです。


◆ネットバンキングを利用した納税◆ 
 簡単に言うと、ネットバンキングで振込支払いする方法です。
流れは以下の通りです。

 ① 納税者(法人・個人問わない)が税務署へ納付書データを電子送信します。
 ② 税務署からインターネットバンクで支払うときに使用するPay-easy(ペイジー)番号が送られてきます。
 ③ Pay-easy(ペイジー)番号をネットバンクの支払画面に入力します。
 ④ あわせて、納税金額も入力し、納付登録。
 ⑤ 税務署からの領収済み通知を受け取り完了。

 これで完了です。慣れると非常に簡単ですので、ぜひ試してみてください。
(⇒詳しい手続き方法はコチラ


◆ダイレクト納付◆
 2つ目はダイレクト納付です。簡単に言うと、振替納税で支払う方法です。
流れは次の通りです。

 ① 事前に税務署へ利用届を提出する。
 ② 納税者(法人・個人問わない)が税務署へ納付書データを電子送信する。
 ② あわせて口座振替する日付を指定する。
 ③ 口座振替が完了すると税務署からの領収済み通知を受け取り完了。

 2つの方法は基本的によく似ています。違いはダイレクト納付の場合、インターネットバンキングの契約がいらない点です。
とくに、手続きが毎月必要となる源泉所得税の納付に便利です。
慣れてしまえば、どちらの手続きも簡単にできるようになりますので、時間を生み出すために検討してみて下さい。

                                                                 

クールビズ実施のお知らせ

戸惑いながらも、思い思いに過ごした長い休暇が終わりました。
弊所では、5月1日から9月30日まで、
クールビズ(ノーネクタイ・ノージャケット)を実施致します。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

身近な埋蔵金

埋蔵金とは、どこかに埋められて行方のわからない財宝のことである。
会社の貸借対照表を見ても埋蔵金を持った会社は結構ある。保険積立金、在庫、投資有価証券、土地等々。

さて、この問題は他日触れるとして、今日は高齢の経営者ご夫妻の埋蔵金について取り上げて見る。
壮年期はガンガン仕事に打ち込み整理整頓もきちんと出来ていた方でも後期高齢者の坂を越えるとだんだんとグリップ力が弱ってくる。あれこれ症候群も出現するようになると老後の生活も不安になる。社長が高齢になると、夫人も一緒に歳をとる。

通帳はどこにやった。保険はどうなっている。今使える金はどれくらいある???……
さあ???……だんだんと不安になってくる。
ちゃんと貯金もし、浪費もしてないのに老後の資金をどうやって出したらいいかわからない……

◇社長、残高証明をとってみるといいですよ。
印鑑証明書が必要となりますが、
○どの印鑑を登録しているかわからない。
◇本人確認に運転免許証が必要ですが、
○大分前に返上しました。免許証返納時の証明書はもらってません。
◇写真付きマイナンバーカードは、
○手続きしてません。

まず入り口の段階で躓いて、どうしていいかわからなくなる。根気よく一つひとつ揃えていくしかない。金融機関の窓口はここまで面倒は見てくれない。
預金はキャッシュカードの暗証番号を変更してもらい出せるようになった。
営業マンに頼まれる度に首を縦に振って加入していた保険10口は解約してまとまった資金が出来た。
株式も証券会社に保護預かりしてない株式もあることがわかった。
これも埋蔵金だ、これから発掘していかねばならない。

使うあてのない土地も売却してまとまったお金が入って社長の顔色もよくなってきた。
これから急速に高齢者が増えて埋蔵金があることすら思い出せずに旅立つ人も出てくることだろう………
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR