My 法務 Channelってご存知ですか?

表題、唐突にすみません。福岡です。

私が加入する「こうべ企業の窓口」という団体では、今春からYouTubeで神戸の士業先生たちを紹介する動画を配信しております。
司会者が真面目にかつユーモアを交え、各士業先生の得意分野を掘り下げていく企画番組です。
プロカメラマン、プロ司会(会議運営のプロ 兼 行政書士)が本気で制作をしてくださっています。

ひょっとすると、皆さんが抱えている問題にも、解決の糸口が見つかるかもしれません。
ぜひ動画をご覧ください!!
   ↓↓
My法務Channel

実は私も先日、動画撮影に挑みました。緊張と挫折の連続でした。。。
弊社は医業にもかかわりが深いだけに、私自身は「2025年問題」を経営者の視点で問題提起しています。
たくさんの撮り直しをしていただいた甲斐もあり、別人のような(?)仕上がりになっています。
近々動画が配信されるようですので、私の動画もご覧頂けると光栄です。

追記:本日6/9 わたくしの動画アップロード頂きました。
    有志の皆様、ありがとうございました!

    
社員税理士 福岡 裕次

クールビズ実施のお知らせ

夏を思わせるような日差しに心が追い付かないここ数日です。
弊所では、5月1日から9月30日まで、
クールビズ(ノーネクタイ・ノージャケット)を実施致します。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

最新の中小企業白書が発表されました

 4月20日に今年度の中小企業白書が発表されました。

 中小企業論を専攻していたこともあって、大学時代から中小企業白書は継続してウォッチしています。

 20年分以上の白書と比べても、今年の内容はかなり気合が入っていると思います。
 
 行間に「中小企業の経営に役立つ情報を提供する!」という熱意が滲み出る内容となっています。

 明らかに前年と同じで良い、とはしていません。
(こういう意欲のある取組みをやっていることも、もっと社会的に評価してあげるべきだと思います。)

 内容は、経営戦略・人材戦略・IT戦略 です。

 アンケート結果も満載で、特に実際の中小企業の取り組み事例が実名で掲載されています。

 経営者であれば、必ず1つは参考になる点がある内容だと思います。

 ビジネスは競争です。

 常に競合相手の動向を注視し、自社の方向性や打つ手が適切かを確認していかなければなりません。

  「彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず。 」

 ぜひ、自社の立ち位置と他社の立ち位置を比較する材料にして欲しいと思います。

  ◆平成29年度中小企業白書はコチラ


【担当:橘 篤】

午後の税理士事務所に

カーリング女子のもぐもぐタイムや、将棋棋士の対局中のおやつが、
注目を集めました。
そこで、税理士事務所で食べているかもしれないお菓子を集めました。

フィナンシェ アンリシャルパンティエ
http://www.henri-charpentier.com/products/bakedcake/428/
アーモンドパウダーをたっぷり使った焼き菓子。フランス語で金融家。
金塊の形の香り高いお菓子です。

エースコイン 日新シスコ
https://www.nissin.com/jp/products/items/6904
古銭の形をした素朴な甘さのビスケット。形は20種類あるとのこと。
和同開珎をかじりながら、仮想通貨の出現に至る歴史に思いを馳せます。

シフォン主義 不二家
https://www.fujiya-peko.co.jp/cake/item/15029.html
軽くふんわりした口どけが特徴のシフォンケーキ。
食感、見た目を裏切る社会派な商品名に驚きます。

おやつの力を借りることもあるかもしれませんが、
少し疲れの出る午後でも、丁寧に思いを込めて
対応できるよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

経営力向上計画の認定状況

関与先の皆様へは、『経営力向上計画』の認定を受けるよう、予てからお勧めしております。
30年3月末までの弊社の経営力向上計画の認定支援の状況を皆様に共有したいと思います。

従前(生産性向上計画)制度での認定も含め、現状、弊社では10件の計画に着手、8件認定済みです。
関与先様のみで、着実に実績を伸ばしております。
弊社の認定支援実績の主な特徴は下記の通りです。

・認定を受けた関与先は、総じて業績が良好です。
 当初計画の認定後、変更認定を複数回受けるケースもありました。
 経営者の資質なのかもしれません。
 そういう会社は意思決定が速いです。
 効果を実感したら、次の投資を検討しています。
 業績と実需を踏まえ、次の投資を果敢に実行しています。
 業績が伸びるのもわかる気がします。

・医療関係でも認定件数を伸ばしています。
 医療機関の場合、節税効果はモノによります。
 確かに効果はケースバイケースですが・・・
 院長先生にはメリットを事前に実感できる提案をしています。
 実際、入口は節税から入っても、策定の過程で変わります。
 提出前は、院長先生は我々以上に真剣になっていることもあります。
 完成した計画書は、院長先生の医療に対するお考えが色濃く反映されています。
 こういうことが実感できると、私たちのモチベーションも向上してゆきます。

顧問先様へは、本件も含め大事な決断の前に安心してご相談いただける体制づくりを進めております。
引き続き、当職を含め事務所全体のレベルアップを図ってまいりたいと思います。

社員税理士 福岡裕次

税制優遇を前提に当該制度を活用を予定する皆様におかれましては、設備投資の概要や今後の業績見込を事前に整理したうえで、認定支援機関様にご相談いただけますようお願いいたします。

4月から医療機関の提出先が、本局から地方の厚生局に変更になっている旨、先ほど職員と確認いたしました。兵庫県の医療機関様の場合は、「近畿厚生局 健康福祉部健康福祉課」に提出が必要です。
その他詳細は、下記リンクが参考になれば幸いです。
H30年4月以後提出先(医療機関)
CALENDAR
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE

税理士法人 はやぶさ

Author:税理士法人 はやぶさ
税理士法人 はやぶさ 兵庫県 神戸市 中央区の会計事務所
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地の1
東町・江戸町ビル2階
Tel.(078)325-2660
Email:
info[at]z-hayabusa.or.jp
(※[at]部分を@に変えてメールをお送りください。)

RECENT ARTICLE
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH
LINKS
MOBILE
QR